正しい知識でコロナ禍を乗り切ろう:手洗い・消毒の意味を見直してみよう 2022.8.1

正しい知識でコロナ禍を乗り切ろう!手洗い・消毒の意味を見直してみよう コロナ禍
スポンサーリンク
※この記事にはプロモーションが含まれています※
※この記事にはプロモーションが含まれています※
あむさい
あむさい

こんにちは!あむさいです♪

手洗い・消毒やってますか?

コロナ禍前に比べたら、習慣化してきていると思います。

でも、感染者はうなぎ上りで増えていますよね。(2022.8現在)

ママ友
ママ友

ちゃんと手洗い・消毒してるのにどうしてかしら?

感染の原因には、マスクを外すなど他にもありますが、手指からも感染することもあります。

今回は、手洗い・消毒の意味を改めて確認し、感染対策を強化していきましょう!

手洗い・消毒の意味を改めて確認しよう!

あむ子
あむ子

手洗いと消毒って何が違うの?

あむさい
あむさい

違いをおしえるね♪

外出先では、消毒液が置いてあることが多数ですが、手洗いと消毒の違いを確認してみましょう。

手洗い:異物除去

手洗いのイメージ

手洗い

手や指についたウイルスの対策は、洗い流すことが最も重要です。手や指に付着しているウイルスの数は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんやハンドソープで10秒もみ洗いし、流水で15秒すすぐと1万分の1に減らせます。

厚生労働省HPより引用

さらに、石けん等の手洗いを2回繰り返すと100万分の1に減らすことが出来ます。

なので、感染者が多い時期には、手洗いを2回繰り返すようにしています。

あむ子
あむ子

消毒がなくても、ウイルスをかなり減らせるね!

きちんと手洗いをしていれば、日常生活では消毒はしなくてもいいとされています。

とにかく手に付着したウイルスや菌を洗い流すことが重要です。

あむさい
あむさい

ウイルスが無くなれば、増えることも付くこともないからね♪

手洗いは消毒より面倒ですが、こまめに行う事で感染予防につながります!

消毒:ウイルスや菌を死滅させる

手指消毒のイメージ

アルコール(濃度70%以上95%以下のエタノール)

手洗いがすぐにできない状況では、アルコール消毒液も有効です。
アルコールは、ウイルスの「膜」を壊すことで無毒化するものです。
また、手指など人体に用いる場合は、品質・有効性・人体への安全性が確認された「医薬品・医薬部外品」(「医薬品」「医薬部外品」との表示のあるもの)を使用してください。

<使用方法>濃度70%以上95%以下(※)のエタノールを用いて、よくすりこみます。

厚生労働省HPより引用

アルコール消毒はウイルスを無毒化してくれます。

なので手洗いが出来ない場所では消毒は有効ですが、無毒化した菌やウイルスも手には残っていることになります。

アルコール消毒でも無毒化できなかったウイルスがあったとしたら、そのウイルスが手に付いたまま増えていくことになります。

なので、消毒も有効ですが、手洗いで流して除去する方が大切なのです。

コロナウイルスには手洗いうがいのみ!正しい知識で乗り切ろう!

ママ友
ママ友

出先ではなかなか手洗いって難しいよね・・・

あむさい
あむさい

そうだよね・・・

でもこの知識があるだけで、行動が変わると思うんだよね。

消毒ハンカチの必要もなく手軽にできるので、良い面もあるのですが、そればかりに頼るのではなく、手を洗える場面を見つけたら、石けんで手洗いを2回する等して、物理的に除去するようにしてみてくださいね。

正しい知識で感染予防していきましょう♪

最後までお読みいただきありがとうございました♪

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました